RoHS 2対応

2019年7月より、欧州特定有害物質規制(RoHS)に新たに4物質が追加となり、10物質が規制対象となります。

★RoHS(6物質) → RoHS2(10物質)

欧州特定有害物質規制(RoHS)

2015年6月改正指令:従来 6物質

  • 水銀
  • 六価クロム
  • PBB(ポリブロモビフェニル)
  • PBDE(ポリブロモジフェニルエーテル)
  • カドミウム

2019年7月規制開始:追加 4物質

  • DEHP(フタル酸ジ2-エチルヘキシル)
  • BBP(フタル酸ブチルベンジル)
  • DBP(フタル酸ジブチル)
  • DIBP(フタル酸ジイソブチル)

対象規制10物質の規制値

No. 対象規制物質 規制値
1 1000ppm
2 カドミウム 100ppm
3 水銀 1000ppm
4 六価クロム 1000ppm
5 PBB(ポリブロモビフェニル) 1000ppm
6 PBDE(ポリブロモジフェニルエーテル) 1000ppm
7 DEHP(フタル酸ジ2-エチルヘキシル) 1000ppm
8 BBP(フタル酸ブチルベンジル) 1000ppm
9 DBP(フタル酸ジブチル) 1000ppm
10 DIBP(フタル酸ジイソブチル) 1000ppm

また、当社では、RoHS2対応のため、材料メーカーでのRoHS2対応の確認及び、自社にて購入部品・材料の特定化学物質の分析を行い、RoHS2対応管理を徹底しております。
当社で使用している特定化学物質の分析装置は下記の通り。

ガスクロマトグラフ質量分析装置(GC-MS)

ガスクロマトグラフ質量分析装置(GC-MS)
メーカー:日本電子株式会社
型式:JMS-Q1000GC
仕様
・マスレンジ:m/z 1.5~1022
・分解能:2000以上(半値幅、m/z 614 において)
・イオン化電圧:30~200V(1V ステップ可変)
・感度 EI(SIM法):S/N≧120(rms)、0.1pg オクタフルオロナフタレンm/z 272
特長
・揮発性有機化合物(VOC)、環境ホルモン等の同定と濃度分析。
分子量1000未満の分子構造の同定、さらにppt(1兆分の1)の桁の極微量濃度での定量測定ができ、ダイオキシン類や環境ホルモンなどの環境測定の分野にも活かせる。
当社での用途
・主に特定フタル酸(DEHP,BBP,DBP,DIBP)の分析に使用。

エネルギー分散型蛍光X線分析装置

エネルギー分散型蛍光X線分析装置
メーカー:SHIMADZU
型式:EDX-GP
仕様
・X線電源 5~50kv/1~1000µA、出力安定度 ±0.01%
・1次X線フィルタ 5種自動交換、コリメータ 4種自動交換
・Si(Li) 半導体検出器 測定範囲 AI~U
・測定レンジ 0~20、0~40(keV)、ワークステーション
・液体窒素使用
特長
・簡単にスクリーニング分析。 (RoHS/ELV対象元素の分析条件は予め内蔵。)
・液体窒素供給型の高感度、高分解能検出器を搭載し、複雑な元素構成でも高精度で測定可能。
当社での用途
・主にRoHS規制対象5元素(Cd,Pb,Hg,Cr,Br) + 塩素(CI)の分析に使用。

エネルギー分散型蛍光X線分析装置

エネルギー分散型蛍光X線分析装置
メーカー:株式会社日立ハイテクサイエンス
型式:EA1000AⅢ
仕様
・X線電源 15~50kv/10~1000µA
・X線フィルタ 5モード自動切換え
・Si(Li) 半導体検出器 測定範囲 AI~U
・液体窒素不要
特長
・簡単にスクリーニング分析。 (RoHS/ELV対象元素の分析条件は予め内蔵。)
・測定の速度化と材料判定などの各種新機能により、検査効率を大きく向上。
・膜厚測定や貴金属分析などの一般分析にも対応可能。
・冷却用の液体窒素が不要で、ランニングコストを抑えられる。
当社での用途
・主にRoHS規制対象5元素(Cd,Pb,Hg,Cr,Br) + 塩素(CI)の分析に使用。